一覧へ戻る  
No.94
 こんな時代だからこそ・・・。   (2008.12) 
ポインセチアの赤は「ハート色」
  世界の巨大な激流の渦の中では、日本経済は小さな小船の様です。その日本丸も、2008年の幕をゆっくりと閉じようとしています。日本の花は、品質、色彩、ボリュームはもちろん名実共に世界をリードして来ましたが,、花卉業界にも、 大きな激動の風が、吹き抜け様としています。しかし、お花の原点は文化。心のやすらぎや楽しいとき、悲しいとき、苦しいときにこそ、花一輪や一鉢のお花が心を癒してくれます。贈ったり、贈られたりの 感謝の心と感動が、お花には生きています。 オイルショックやバブル崩壊でも、どうにか商品価値を高めてきた花卉業界ですので、これからの元氣な個店の動向にご注目を頂ければ幸いです。今年の年末商戦は、価値の高位商品群ほどお買い得かもしれません。そして価格帯の低い商品群の中でも、価値ある商品が、豊富にでて来ると思われます。 お花大好き人間には、まさに追い風で有ります。少ない予算で、大きく価値あるお買い物が実現する可能性が大です。生産は一定有り、消費が鈍れば急激に生もの相場は下がります。まさに相場をさかてに取った、お花を上手にご利用頂けるワンチャンスかも知れません。

 年末人気商品の選び方及び育て方(初心者編必読)
* シクラメン
高山育ち、葉の枚数のたくさんある締まった株をお選び下さい。暖かな部屋より寒いところを好みます。5℃〜25℃の明るい部屋。毎日水やりをすると根腐れの原因。タイミングは、乾いて少ししおれて来たら水をあげると長持ち。肥料は花の時期は、不要。生産段階で十分入っておりますが、置肥、液肥がベストです。
* 洋らん、胡蝶蘭
熱帯性、花びらの整った、肉厚の色彩の鮮明な葉の綺麗な商品。直射日光の当たらない、特に夜間温度が18℃以上の部屋か、その環境の場所 水やりは、特に注意を要す。鉢の表面は、乾いていても根元の中がしめっていれば水やりは、まだまだやらない。肥料は開花時、不要。
* シンビジューム
極端に姿が大きく、小さくなく花房の整った葉の綺麗な商品。暖かな部屋より涼しいところを好みます。12℃〜25℃の明るい部屋。水やりは、花時期には特に注意を要す。鉢の表面は、乾いていても根元の中がしめっていれば水やりは、まだまだやらない。肥料は開花時、不要。
* ポインセチア
大きさよりもコンパクトに整った形状の商品。契約栽培ですのでメーカーラベルの確かさもポイントの一つ。色、艶、葉の綺麗な商品。直射日光の当たらない、特に夜間温度が12℃以上の部屋か、その環境の場所。 毎日水やりをすると根腐れの原因、タイミングは、乾いて少ししおれる前に水をあげると長持ち、元氣。肥料は花の時期は、不要。外気の冷気には、特に注意を要す。グリーンの葉の綺麗さで年間楽しめる。

一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No94