一覧へ戻る  
No. 49 人気のバラたち  (2005/3)
カレンダーをめくると3月は、春のお花が溢れていますが今年の早春は、はるか彼方でございます。今年の春は、バラに注目、薔薇百華目録と題し人気のあるバラの数々をご紹介してみました。

世界に先駆けて造られた青いバラの第一号品種、わたらせ、花径は、12〜15p、花弁数は、
30枚程度のおおらかなイメージで開花します。 弱光の梅雨季や秋が素晴らしい品種。性質は、強健で、初心者向きでもある。ブルー系の品種でオンディーナがある。青バラの中でも、ブルーのはっきりした品種で、花径は、8cm、花弁数は、10〜 15枚程度で丸弁のセミダブル咲き、 花付きが良く、コンパクトにまとまり、鉢植え栽培にも向いています。
*濃いめの茶色から開花とともに海老茶色を帯びた紫に変化する。珍しい花色で季節によって、微妙に変化する。品種 禅(ぜん) フロリバンダの品種改良で今年の新品種、人気の小輪系で花径は、6cm程度の剣弁高芯咲き、芳香性があり早生系の品種、開花のサイクルが短く、初夏から秋まで次々と開花します。花もちがよく、水揚げの良い品種ですので、ご家庭での切花としても適しています。株は、半直立性で整った形にまとまり、性質は、強健で育てやすい品種です。
* クール.ビューティー(ミニチュアローズ系) ブルー系の淡紫色で青味の強い美しい色彩をもっています。花径3.5cm程度の 剣弁高芯咲きで房咲きの多花性です。清涼感のある色彩で株は半直立性でコンパクトに整い性質も強く、多肥を好む。
*  レモン.シフォン (ミニチュアローズ系) 柔らかなレモンイエローの色彩で、ややオルドローズのなごりのある丸弁カップ咲きで花付きが良く、花径4cmと可愛く多花性2〜10輪の房咲き品種です。茎がしなやかで、強い雨等を打たれると草姿が乱れがちに成るので、開花期は雨の当りにくいところや雨よけを要す。 株は、半直立性になり性質は強く旺盛に生育します。ご家庭での切花にも向き、鉢植え、庭植えのいずれでも栽培が容易に出来ます。
*  ローズ.オブ.メイ (ミニチュアローズ系)  5月のバラというイメージの美しいバラ色で花型は、半剣弁高芯咲の花で花径3.5cm程度の花を多数咲かせます。花数は、2〜10輪と多花性房咲き、花持ちも良く、つぎつぎと咲いてくれる。刺の少ない茎は半直立性に伸び株が良い形にまとまります。ご家庭での切花にも向き、 鉢植え、庭植えのいずれでも栽培が容易に出来ます。
*  小 雪  (クライミング、ミニチュアローズ系)  白色の一重咲きで花径1.5cm程度の小さな花を静かに咲かせる。花は大房になって開花し、花付きのとても多い品種です。シンプルな花型は和風庭園によく調和し、他の植物とのコンビネーションもよいと思われる。初夏のみの開花ですが、黒点病に非常に強く、放任栽培に向きます。枝は柔らかく、伸長は、1.5〜2m程度で低いポールや小型のトレリスに適す。
本日のバラシリーズは、大手のメーカーに出てこないバラの大好きな育種家(ブリーダー)さんの暖めている品種をご紹介させて頂きました。又栽培管理等も次回から掲載していきますので よろしくね―−−。  御紹介の品種は5号ポット開花苗で2.000〜3.500円で お花畑(
花のあらい)でお取り扱っております。

清ちゃんの お花畑 to. Green. flower farm.No. 49.
一覧へ戻る