一覧へ戻る  
No. 46 人気のシンビジューム (2004/12)
秋の季節、朝晩めっきり冷え冷えですが、日中は、穏やかで暖かな日々が続いております。花壇には、パンジーなどの来春の準備はおすみでしょうか。12月上旬の、花卉中央卸売市場では、シクラメン、洋ラン類の品評会大市が始まります。栽培技術を屈した素晴らしい商品が産地から、勢ぞろいするはずですが、今年は、異常気象と、台風で、雨も多く今年のシクラメンは、チョット心配です。しかし最近の生産技術と栽培の技術革新できっと時期には、期待に答えてくれると思います。 シンビジュームには、又たくさんの新品種がお目見えしています。小型の種類でテーブルシンビの中にピンクのかわいい−プチミネルバ、ホワイトグリーン系にプレアデス、赤系品種にエンジェルスマイル、下垂系品種には、白色のアイスキャスケード、オレンジ色のミリオンキッス、赤色のフォアゴットン フルーツ、ロリコップ、 グリーン系品種にバターボール、アルビオン、プロキオン、中型の品種にも、綺麗な花がたくさんお目見えしています。大きめのテラコッタや陶器鉢によせ植え感覚で世界に一つのオリジナル蘭鉢などは、いかがでしょうか?。きっと喜ばれるギフト商品になるでしょう。

又、冬の魅力といえばポインセチアでしょう。ポインセチアの仲間がまた増えました。
ピンクユーホルビア、ドルチェローザ 、ピンクのかわいいホウにイエローの花芯が魅力的、甘酢っぱい色鮮やかなショッキングピンクとグリーンの寄せ鉢もとてもおしゃれです。 ポインセチアで色どる冬の物語には、小鉢から大きな鉢まで楽しめる真紅のプリメーロ、強健な茎と厚い花(ホウ)が特徴で花もちのよいミレニアム、カールした花が可愛い、ウインターローズレッド、ホワイトジングルベル、レッドフォックス、まだまだたくさんありますが、上手に飾る置き場所ベスト5をお知らせします。
1. 陽の当る窓辺に、日当たりが最も大切です。
2. リビングルームの様な夜も電灯で明るく、暖かい処。 
3. ダイニングキッチンのようなテーブルの上は、電燈の光で常に明るい。
4. 明るい玄関等、温度が一定なので保ちます。
5. ベットルームに、寝室は、夜も暖かく、一日の内に陽の当る窓辺に。

* シクラメンの上手に飾るベストテン
1. 置き場所は、玄関のような温度の低い所、窓際の陽の良く当る所だが、ブラインド のような、和らかな光の方がシクラメンの日持ちを良くする。温室育ちの鉢ですので、外気の冷たい風には、当てないようにする。鉢は、あまり移動しないでその環境に、馴らす事も良いでしょう。
2. 鉢の表面が乾いて軽くなったら、たっぷり水をあげる。鉢の中に水分があるのに、元気のない時は、根が弱っています、根に酸素を供給する為に、潅水を控え、乾燥気味に管理し、比較的涼しい所で管理をする。
3. 咲き終わった花ガラは、根元からつまんで抜く、痛んだ葉も同様に元から抜いてカビが発生したら、殺菌剤を使用する。液肥は、薄め2.000〜3.000倍で。

清ちゃんの お花畑 to. Green. flower farm.No. 46
一覧へ戻る