清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
  No.220 初夏は水生植物の季節です。(2019.6) 
 爽やかな新緑の水無月の季節ですが、連日30度以上の猛暑が続いています。そんな真夏の季節にピッタリの「手乗りハス」が今、話題になっています。手の上に乗る様な可愛いミニハスが、簡単に栽培できると、ガーデニングにあまり興味がなかった人達に取っても、水辺の植物のおもしろさを伝えるよいきっかけになることと思います。

 ◆「手乗りハス」の上手な育て方と特徴◆
 小さな鉢で栽培がしやすい 「手乗りハス」は、球根も小さく多花性です。品種も25品種と豊富で、植え付け時期は、芽のあまり延びていない3月ころが植え替えの
最適期と言えます。 鉢の深さが10p程度であれば、栽培は簡単に出来ます。 5〜6p位の土の深さの中に手乗りハスの球根を植えてから7〜8pの水位を保ちますと数日間で発芽して、1本2本と葉が延びてきます。用土は一般的な培養土で十二分に咲いてくれます。
3〜5c程度のアミノサン肥料を施してから水を容器の80%程度まで水を張り、日当たりのよい環境の中で栽培しましょう。ハス鉢の中にはナリヒラ酵素500倍液を2週間に一度位アミノサンといっしょに施す事でより元氣にアブラムシや病気に侵され難い手乗りハスとなって多くの花の開花が期待できます。手乗りハスの小さなレンコン部分から芽が延びて、可愛く咲いているハスの花を見ていると古くから大和民族にとっては、どことなくなじみのある植物であります。25種類と云う豊富なバリエーションの中から自分好みの花色・花型を選んでお庭をデコッテみてはいかがでしうか?
いよいよ初夏は水生植物の季節です。お花屋さんでは、6月中旬頃から店頭に並びます。
(資料提供 砧 大木園芸より)
 
 一覧へ戻る

 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No220



TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP