清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
  No.200   多肉植物が映える季節です。 (2017.10) 
 
 小さなコンテナガーデン(直径21p×高さ15p)
 今年の初秋は、いつもと違う。台風一家の去った今日この頃では、遠くの山脈までが、何か近くに感じます。爽やかな早朝には、多肉植物達が一段と綺麗に映える季節となりました。
秋の小さなガーデンの演出には、管理の手間のかからない多肉植物達がお奨めです。
品種が希少なレアの品種から、すぐ手にはいるマイナーの品種と多様。植物初心者でもすぐに植物と馴染めること受けあいです。


小さなコンテナガーデンは、お手軽にこんな花材と資材で簡単に製作出来ます。
  1. 多肉植物が大小合わせて3種類位・3〜4ポット
  2 低く広がる丈夫で乾燥に強いセダムが1〜2品種・1〜2ポット
  3. 秋らしくおもちゃカボチャ1個
  4. 表土被覆用ベラボン・ロックガーデン調の小石・ガーデンオーナメント等
  5. 排水の良い粗めの培養土と素焼き鉢が最適

多肉植物の管理方法
 一口に多肉と言う仲間達は何万種とも言われていますが大きく分類される処では、ベンケイソウ科の中には、木立性の品種が多いアエオニウム属。葉形のまとまりの良いエケベリア属。葉の色が豊富で花付きの良いカランコエ属。個性的で特徴のあるクラッスラ属。マンネングサとも言われるセダム属。丸みのある肉厚の葉が特徴のバキフィツム属。キク科の中にはセネキオ属。ツルボラン科には、ハオルチア属、アロエ属。ハマミズキ科には、コノヒィッム属、リトープス属等。  

上手な管理方法
 品種により多少異なるが、全般的には、明るく、直射日光に当て、秋の寒暖の差が大きい環境で管理することで、観賞する葉の色彩も一段と鮮やかとなります。屋内での管理では、全体の葉色がボケぎみになりやすく、発色が良くなり難い品種も有ります。育つ環境が変わっても、丈夫に育ってくれます。増やし方は、極めてシンプルで土に付いていれば、発根して育ちます。冬の低温には、強いと云っても5℃以下では、室内で管理。。

 
 一覧へ戻る

 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No200



TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP