清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.149
みどりのカーテンの次は、サンパチェンス!! (2013.7) 

サンパチェンス・メカルドニア
 ずっと頑張っていたパンジーが枯れたので何を次に植えたらいいのと言うお客様の声が聞こえます。・・・・・・・今年の梅雨入りは早かったがいよいよ真夏本番の時期ですね。
 
夏の強い日差しでも元氣いっぱい、ぐんぐんと大きくなる花、「サンパチェンス」を選びました。初夏から秋まで元氣いっぱいに咲くサンパチェンスは真夏の太陽の下の温度をみどりのカーテン以上に下げる効果が実証されています。  
 
真夏の気温34度の条件下でみどりのカーテンが31.5度の効果に対し、サンパチェンスの鉢を並べてその上での測定値が30.5度と、サンパチェンスのあるお庭ならもっと涼しいことが解りました。夏の暑さにも負けず大きく育ち、鮮やかな花を長期間咲かせるサンパチェンスは、その他にも魅力たっぷりです。従来の園芸植物に比べて、自動車の排気ガスに含まれる二酸化窒素(NO2) やホルムアルデヒド(HCHO)・地球温暖化の二酸化炭素(CO2)で極めて高い吸収能力を発揮する事が研究段階で実証されました。又、大気の浄化能力に加えて水質浄化の面に於いても、湖の代表的なヨシと比較しても同等な能力を発揮する事が解ってきました。初夏〜秋まで長期にわたってきれいな花を楽しめる景観面からも、水環境向上のための花壇苗としてもサンパチェンスが注目されています。
そして、サンパチェンスはお花の好きなこんな方々におすすめです。玄関先やベランダを飾りたい方、鉢植えやテラコッタのような大型プランターで飾りたい方、切り戻しや手間をあまり掛けたくない方・・・・。品種も色も豊富で、新品種レッド・マジェンタを始め、ジャパンフラワーセレクションの賞に輝いたホワイト・ラベンダー・斑入りサーモン、さくさくシリーズのさくさくオレンジ・さくさくライラック・さくさくブラッシュピンク・さくさくライラック・コロナオレンジ・ピンク・ピーチブラッシュ・斑入りホワイトと13品種。
【栽培注意点】・・・・インパやニューギニアインパチェイスとは異なり、大きくなる分だけゆとりのある鉢に植えよう。大きくなる分だけ元肥もしっかり入れましょう。大きくなるのに従って追肥もこまめに施す。直射日光は、もちろんOKですが、強い降雨や強風には、防風ネットや寒冷紗をのせてふせぎましょう。充分に大きくなりすぎた時は、全体の1/3に刈り込む事も可能です。 刈り込み後は、秋に向けての準備であるので月に2〜3回の液肥や追肥を与えましょう。     (資料 (株)サカタのタネより)


一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No149

TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP