一覧へ戻る  
No14 ちょっとオシャレな春の花壇(2002/4)
* 日本列島が暖冬になったのか? 一足早く吉野桜も開花しました。いよいよ花壇がにぎやかになり、早起きも楽しくなります。

先月のお花畑で良い土を選びましたので、今回は花苗と植え方をチョットアドバイス。
* 3〜4月の花苗は、温度の充分ある温室育ちであるため、外気温が低い4月上旬の季節では、一見つぼみがあり葉のつやの良い若い花苗でも、急に定植すると、花が黒くなったり咲かなかっり葉が枯れたりするときがあるので要注意。店先に並んでいる元気な花苗は特に、2〜3日位温度の低い部屋で慣らしてから定植すると良いでしょう。 寒さに慣らされた苗を選ぶと、植え痛みが少なく、生育も早く、活着がよくなります。

* チョットお洒落に、いつまでもきれいにお花を咲かせよう。

どこに植えるか、....日当たりの良いところか、大きな木下なのか、南向き、北向きか?
何を........場所にあった植物の選択、宿根草か、球根か、カラー(色)の選択、デザイン、
どの位......植栽の面積、テーマ(かわいく、カラフルに、より自然体に、四季を考えて、)

* この春の人気商品おすすめベスト
冬の間咲き続けたパンジーば,気温の上がる4月下旬までまだしばらく咲き続けます。パンジーの間や、痛んだスペースには.........ノースポール、アリッサム、リナリア、ヘリクリサム、等 が良いでしょう。又、春になってのチューリップポット苗を求める人々を見かけますが、春になってからの ポット苗で、きれいに咲かせるのはなかなかうまく咲いてくれません。秋に球根で求めるのが最良だとおもいます。チューリップは移植に弱く、根が切られると、なかなか再生しにくい品種のひとつであります。

*今月のガーデニング作業計画
1. 草花
苗の植付け適期です。元肥にマグアンプKを入れ浅植えに定植。種まきの適期。マリーゴルド、ベコニア等。パンジー、デージーにハイポネックスの液肥を与える。宿根草の株分け、植え替え特に3年以上置いた株。
2. 球根
春植え球根の植付け適期 、グラジオラス、ダリア等。アマリリスの植え替え>
3. 鉢花 
冬越しをした鉢花は、徐々に日に当て日照時間をながくする。植え替え適期は、ゼラニゥム、シャコバサボテン、クンシラン等。ハイポネックスの液肥をあたえる。
4. 洋ラン
4月上旬よりハイポネックスの液肥をあたえる。4月下旬より屋外の明るい日陰に移す。
5. 観葉植物
4月下旬より屋外に出す。直射日光には当てないように。4月〜6月が植え替え、移植の適期である。
6. 野菜の苗
植付け適期でもある。イチゴに液肥のハイポネックス等を与える。種まきの時期、レタス、パセリ、シソ、など。そろそろ病害虫の対策を。
7. 花木、庭木
植え替え時期、サツキ、ツツジ、ハナミズキ、果樹。うめ、 ボケ、松の剪定、花の咲くものは花後にすると良い。

清ちゃんの お花畑 to. Green. flower farrn.No14
一覧へ戻る