清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.136
パンジーの後に植えたい「夏の植物」  (2012.6) 
満開のバラ売り場
今年のバラの自然開花は、例年よりも10日遅れで、ようやく5月の下旬で満開となりましたが、早いもので1年と3ヶ月が過ぎ去ろうとしている震災と原発事故の影が華やかなバラ売り場からも感じ取れるような気が致します。
今年は作付けを減らし、鉢数が少なくなっている状況ですが、消費がもう一つです。  一日も早く安心してバラの花を楽しめる社会になってくれることを願うひとときである。 

今月はパンジーの後に植えたい夏の植物をご紹介致します。おなじみのあばしゴーヤやヘチマと、みどりのカーテンの仲間に、サラダ感覚でおいしいタンパク源の四角マメや、沖縄すすめ瓜などのめずらしい商材が誕生。叉、日本の猛暑にも元氣に輝く商品に、カネコ種苗の高性ペンタス・パニックタワー、暑さ・ムレ・水枯れに強く、花がら摘み不要という優れものです。フジフローラのペンタス・スターポラリスは、すがすがしいホワイトの栄養系ペンタスで大鉢で楽しめる位真夏にも良く伸びて咲きます。M&Bフローラの耐暑性インパチェイスハイブリット・サンラブティシリーズ ブライトコーラルは、直射日光下でもパワフルに成長し花が休まず咲き、形状はドーム型となり草丈は40〜50pとまとまり、花色は5色あります。ハクサンのニューギニアインパ・太陽のサンバは、太陽の下で元氣に咲いてくれる大型のインパチェイス。 サカタのたねのサンちゅらかは、午後まで花びらが閉じずに長ーく元氣に咲き、土中の環境ホルモンを分解する能力があるすぐれものです。売上げの一部を[みどりの募金]寄付し、東日本大震災地域を含む森林整備や緑化推進に役立てているシリーズもの。西垣園芸のランタナ・フェアリーピンクは遅霜の無くなった5月〜11月の霜の降りるまで長く楽しめる花木。1p位の小花が1カ所に纏まって咲く。真夏でも日当たりが良い所程花を付けます。 ミヨシのハンキング用ビンカ・フラッぺミステリーは、花形がきれいな大型ビンカフラッペシリーズの新色分枝に優れていて横に広がる青みがかったパープル系の色合いで、今までにない神秘的な新色が真夏にピッタリ。サントリーフラワーズのサンパラソルは、世界中で人気の花は名実共に栽培して1鉢置きたい1品です。早生のタイプ、ツル性を生かして美しくアレンジを楽しめるタイプ、大輪でより豪華に咲く姿が楽しめるタイプの3種類シリーズで楽しめます。
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No136


TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP