清ちゃんのお花畑 2011年9月  
一覧へ戻る  
No.127
 花の生命力に元気をもらう日々!!(2011.9) 
ジュズサンゴ・ルージュ
ジュズサンゴ・ルージュ
9月は、「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人々は、秋蒔きの時節到来としてきたが、昨今では、暑いのか、寒い日なのか。なんだか季節がはっきりとしない。今の世界経済と同様か、また時代の流れなのでしょうか・・・・・? 世の中灰色の時代だからこそ、花のある生活は私たちに無限の力を与えてくれています。 育苗〜開花、育ててみたい花が四季折々に咲いている、その生命力を感じて頂ければと思う、長月の今日この頃で御座います。        
 大木の下で初秋の風に揺れながら元氣に生育する「ジュズサンゴ・ルージュ」は、0.5pの可愛い紅色の果実を付けます。房状に多数咲きながら段々に実を付けていく可憐な植物です。リヴィナ属、ヤマゴボウ科の常緑多年生で原産地は、北米南部〜南米に分布している植物です。 葉は光沢のある濃緑色をしていて広葉針形の卵形です。果実は黄色、紅紫色と有ります。
性質は、強健で熱帯地方では、雑草化しています。耐陰性に強く、耐寒性は5℃位。繁殖は種まき、挿し木がベストです。用途としては、鉢植えとして室内用としてうす暗いところでもOKです。花壇としては、日当たりのあまり良くない処、常緑樹の下や日蔭の花壇に適します。花壇では草丈が1〜2m位伸びます。冬の寒さによって地上の茎が枯れてしまっても、地中温度が5〜6℃の凍らない場所であれば、冬越しができる程強健です。 実の付き方に動きがあるので、鉢植えからコンテナ、花壇にと面白い商品で秋の一押し商材のひとつです。
まだまだ残暑が厳しいですが、朝夕めっきりになってまいりました。一足お先きに秋色バージョンをご紹介いたします。安曇野コスモスや黄花コスモス、ウィンターコスモスもこれから長〜く楽しめる商品です。パンパスグラスやメドゥーセージ、サワギキョウの様な背の高いものから五色トーガラシ、センニチゴボウ、コバノランタナ、ユーホルビア、ジニア、のような背の低い商品も秋色花壇には、お奨め商品です。そしてルビー色の実のきれいなツルコケモモ(クランベリー)やカルーナ・ブルガリス、カリヤスススキ、ハツユキカズラ等も秋色葉物としておもしろい、パンジー・ビオラの出てくる隙間に植えみてはいかがでしょう--------。さわやかな秋風にのせて秋色シーンをお楽しみ下さい。

 

 農林水産省消費・安全局、農産安全管理課以下、生産局生産流通振興課・生産局農業環境対策課・生産局畜産部畜産企画課・生産部畜産部畜産振興課から平成23年7月25日付けで、北海道農政事務所長・各地方農政局生産経営流通部長、消費・安全部長・内閣府沖縄総合事務局農林水産部長宛に『高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用・生産・流通の自粛について』」という通達次項が出ています。これはどのような事かというと、以下の事となります。

「原発事故に伴う放射性物質の降下に伴い、水田に放置された稲ワラから高濃度の放射性セシウムが検出されており、稲ワラを食べた牛からの堆肥が放射性セシウムを含んでいる可能性がある。またその堆肥を農地に施すと土壌中の放射性セシウムの濃度が増加する可能性が高く、そこで生産された農作物の放射性セシウム濃度が食品衛生法の暫定規制値を超過する確率が増大するためです。このような事から土壌に堆肥を施す際には、極めて慎重な対処が必要が求められます。現在農林水産省では、農地土壌の汚染拡大の防止、食品衛生法上問題のない生産物の生産確保に、堆肥中の放射性セシウム濃度の基準を急いでいる。とりあえず基準が設定されるまでの間は、17都県(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京都、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡)で生産した堆肥叉、これらを原料とした商品については、農地土壌への施用の自粛する事。叉、こうした堆肥原料、商品の流通の自粛する事。つきましては上記の事項を徹底して頂くよう、普及指導センター・家畜保健衛生所等の機関も活用し、都県内の市町村へ周知を図る」ことが求められています。

こんな情報が入ってきたのが震災・福島原発が、震災・福島原発が爆発してから6ヶ月後の7月28日でした。すぐには身体に影響は現れませんが、民が被爆してから、そして食の安全が問われてる昨今、天の恵である肉、野菜、魚と口に入る物が一大事となってやっと錆び付いた腰が動き出したようである。清ちゃんのお花畑では、3月24日・27日とホウレンソウとカキ菜にナリヒラ酵素を1,000倍液を2回散布してから、ビニールで被覆して一週間後、普通栽培の検体と比較試験を実施。(分析-日本分析センター)。 3月の平均気温10.5℃と酵素の活動しにくい低温でしたが、約10%弱の分解が確認済み。再度、来月には、秋野菜と土壌で、ナリヒラ自然農法で栽培分析をする予定ですので超ご期待下さい。 (3月27日の詳しい分析結果は、HP清ちゃんのお花畑No122 No123でご紹介しています。
URL: (http://www.hanano-arai.co.jp/ )
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No127